オーガニゼーション設定

オーガニゼーション設定はオーナ権限を持つユーザのみメニューに表示されます。

オーガニゼーション

オーガニゼーションの登録サーバ総数や言語設定を変更できます。

項目 説明
オーガニゼーション名 オーガニゼーション作成時に設定した名前
登録サーバ総数 オーガニゼーションに登録されたサーバの合計
全サーバを手動スキャン オーガニゼーション内の全サーバを一括スキャン
支払い方法 オーガニゼーションの支払い方法
オーガニゼーションの言語設定 スキャン時に送信されるエラーメッセージなどの言語を変更

全サーバ一括スキャン

オーガニゼーション内に登録されている全サーバを、最新スキャン時のパッケージ情報を用いて一括で手動スキャンします。

オーガニゼーション一括スキャンは一度実行すると、1時間は再実行できません。 最終一括スキャン日時を確認の上、1時間経過後に再スキャンを実行してください。

※ 実機にはアクセスしません。また2021年4月移行にスキャンを実行したサーバのみ実行されます。

メンバ

オーガニゼーションに招待されたメンバへの「オーナ」「CSIRT」権限の付与や、所属するグループの管理、メンバの削除を行えます。

オーナ権限設定

該当ユーザの権限変更ボタンを押し、ユーザの権限を変更します。 image

所属するグループの管理

グループ管理のアイコンをクリックすると、メンバの所属しているグループを表示・編集できます。 image

image

オーガニゼーションへメンバを招待

リスト下部の「ユーザ追加」をクリックすると、ユーザを追加するためのダイアログが表示されます。 image

改行やカンマ区切りで入力することで複数のユーザを一括でオーガニゼーションに追加できます。 image

招待したユーザはグループに配属されておらず脆弱性情報等を確認できない状態のため、グループへの招待をしてください。

オーガニゼーションメンバの削除

「オーガニゼーション設定」からメンバを削除するとオーガニゼーションからアカウント情報が削除され、オーガニゼーションへのアクセスが出来なくなります。

オーガニゼーションからメンバを削除する場合は、該当メンバの ⊖ アイコンをクリックして削除します。 image

オーガニゼーションから削除してもFutureVulsには該当ユーザのアカウントは残ったままとなります。詳細はユーザをOrgから削除するを参照して下さい。

グループ

オーガニゼーション内のグループ管理や新規にグループの作成を行えます。

グループ作成

リスト下部の「グループ作成」をクリックすると、新しいグループを作成するダイアログが表示されます。グループ名を入力し、作成してください。 image

グループを削除する場合はグループの詳細設定画面(リストの右端 グループ設定ボタンで遷移)から削除できます。

ユーザ管理

ユーザ管理のアイコンをクリックすると、グループに所属しているユーザを表示・編集できます。 image

image

グループへの遷移

中央のアイコンをクリックすると、グループの脆弱性ページに遷移します。また、右端の歯車アイコンをクリックするとグループの詳細設定画面に遷移します。 image

グループ管理者権限を持っていない場合は右端の歯車アイコンが無効化されます。

また、所属していないグループには「参加する」ボタンが表示され、ボタンをクリックすることでグループに参加できます。

グループセット

複数グループを束ねる、グループセットの作成を行えます。 詳細はグループセットを参照して下さい。

自動トリアージ設定

該当する脆弱性を自動でDangerステータスや非表示にする自動トリアージの設定を行えます。 詳細は自動danger付与を参照して下さい。

監査ログ

オーガニゼーション内で行われたユーザの操作履歴を確認できます。 詳細は監査ログを参照して下さい。

スペシャル警戒タグ

脆弱性情報に対して、独自の警戒タグを設定できます。 詳細はスペシャル警戒タグを参照して下さい。

設定

IPアドレスを使ったアクセス制限

IPアドレスのレンジ(CIDR形式)をオーガニゼーションの設定ページに追加するとIP制限が可能です。

IPアドレスの制限の詳細は以下の通りです。

  • IPレンジを設定していない場合は、全てのIPアドレスからの接続が許可される
  • 1つでもIPレンジを指定すると、指定したIPレンジからしかアクセスできない。
  • 設定者(接続している人)のIPアドレスは制限できない(最初は自分のIPアドレスを指定する必要がある)
  • 今回のIP制限で制限されるのは、コンソール画面と、開発者API (スキャナからのアップロードは制限されません)

設定方法

  • オーガニゼーションの設定画面を開き、 アクセス可能なIPアドレスを登録 のカードで、 ADD をクリックします

image

  • 許可したいIPアドレスをCIDR形式で入力し、送信をクリックする

image

  • 以下のように、登録IPアドレスが表示されればIP制限は有効となっています

image

サーバ情報を他グループへコピー

登録したサーバを別のグループへ移行したいときにサポートする機能です。

※オーガニゼーション間の移動はサポートしていません。

  • 移動するサーバと移動先のグループを選択すると、サーバ情報のコピーを開始します。 image

  • 続いてコピー後のサーバへ元サーバに登録されているタスクの情報がコピーされます。

  • スキャナから登録したサーバの場合は、スキャナに登録されたグループIDやスキャナトークンを変更してください。

  • 移行後に新サーバを確認して旧サーバを削除してください。