外部連携 Trend Micro Cloud One Workload Security (DeepSecurity)

外部連携について

FutureVulsでは外部連携の機能を用意しています。

Trend Micro Cloud One Workload Securityとの連携方法

Trend Micro Cloud One Workload Security(以下、CloudOne)と連携することでFutureVulsに以下の2点の機能を追加可能です。

  1. 侵入防御ルール最適化機能
    FutureVulsで検知したCVE-IDのリストを元に、CloudOneの侵入防御ポリシーを自動生成する 実際に検知したCVE-IDを元にルールを自動生成するため、最適化されたルールを生成できます。CloudOneには [Vuls] {サーバのロール名}という形式でポリシーが作成されます。サーバのロールはCloudOneで同じポリシーとして管理する単位で分割ください。(ロールの作成方法)

  2. 侵入防御ルール表示、自動トリアージ機能
    CloudOneにて防御中のCVE-IDを一覧画面に表示し、該当するタスクのステータスをWorkAroundに設定する CloudOneのエージェントをインストールしたあと、FutureVulsで再スキャンする必要があります

どちらの機能もFutureVulsでスキャンされたタイミングで実行されます。

2021/6/18リリースにて、FutureVulsで検知した脆弱性に対応するCloud One侵入防御ルールが存在する場合はAvailableステータスのアイコンが表示されるようになりました。 Availableステータスは「グループ設定>Cloud One外部連携」が未設定でもデフォルトで表示されます。また侵入防御ルール有無の情報はFutureVulsサービス側で数時間に一度の間隔で同期されます。 高リスクな脆弱性を検知したが、すぐにはアップデートできない状況。一時的な回避策として、Cloud Oneに該当する脆弱性の侵入防御ルールが存在するかを確認したいケースで便利な機能です。

認証設定

CloudOneでの操作

1. FutureVuls用の「役割」を作成

  1. 管理 > ユーザ管理 > 役割 で役割を作成
  2. 「一般」タブで「WebサービスAPIへのアクセスを許可」のみチェック role1
  3. 「コンピュータの権限」タブで「編集」にチェック role2
  4. 「ポリシーの権限」タブで「編集」にチェック、「ポリシーの作成」をチェック role3
  5. 「役割」を作成

※ コンピュータの侵入防御ルールを取得するために、コンピュータの「編集」権限が必要になります。編集権限の必要性については、トレンドマイクロ社に現在問い合わせ中です。

2. FutureVuls用のAPIトークンを発行

  1. 管理 > ユーザ管理 > APIキー で「新規」を選択
  2. 先ほど作成した役割を元にキーを発行
  3. 発行したキーを、FutureVulsの外部連携連携画面に入力

token

FutureVulsでの操作

グループ設定の 外部連携 から設定できます。
先ほど作成した APIトークン を入力して、「保存」ボタンを押下します。

このとき、ポリシーの自動生成とトリアージの設定の有無も一緒に設定できます。

image

連携設定

0. 上記の手順に沿って、グループ設定画面で連携

1. FutureVuls画面で「ロール」を作成

分割したい単位でロールを作成します。
ロールの単位は、CloudOneのポリシー単位で作成すると、管理がしやすくなります。

2. CloudOne画面で「ポリシー」を作成

ポリシー作成時、[Vuls] {ロール名} の命名規則で作成すると、侵入防御ルールが自動更新されます。
たとえば defaultという名前のロールであれば、 [Vuls] default というポリシー名をCloudOne上で作成します。
※ ポリシー名が存在しない場合、上記の命名規則で、あらたなポリシーが作成されます。

create_policy.png

新規作成の場合は、ポリシーの「設定 > 一般 > 推奨設定」にて「推奨設定の継続的な検索を実行」を「はい」か「いいえ」に設定してください。どちらでもない場合、侵入防御の反映に失敗します。(「継承(はい/いいえ)」「初期設定(はい/いいえ)」の場合、処理が失敗します) recommend_policy.png また侵入防御を「オン」にしてオンにしておくと、設定したルールが有効になります。 prevention_policy.png

3. FutureVuls画面で、サーバをロールに割り当てる

サーバのページにて、複数のサーバを選択して、一括でロールを変更できます。

4. CloudOne画面でポリシーとコンピュータを割り当てる

computer.png

5. スキャンを行う

CloudOneとの連携を行うには、設定後に再度スキャンを行う必要があります。 CloudOneとの連携が完了するまで、数分お時間いただく場合がございます。

6. 連携の確認

サーバ一覧画面の「CloudOneステータス」に、侵入防御ルールが有効になっているかのマークが表示されるようになります。

タスク一覧画面では、CloudOneで設定された侵入防御ルールが反映された場合、「CloudOneステータス」列に状態が反映されます。 また、状況に応じてタスクのステータスも変更されます。

連携後

  • CloudOneで防御 : 「✔」のアイコン、タスクステータスがWorkaroundに
  • CloudOneで検知 : 「!」のアイコン、タスクステータスは変更なし
  • CloudOneのコンピュータで侵入防御ルールがオフになっている : 「一時停止」マーク

状態が変化した場合

  • CloudOneで防御→検知に変更 : タスクステータスがNewに変更される
  • CloudOneの連携を解除 : CloudOne情報が削除される

注意点

現在、オンプレミスのCloudOneとの連携はできません。

ポリシー設定は、ロールごとに作成されるため、連携の効果を高めるためには、適切にサーバをロール管理する必要があります。